5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

平成29年 大河ドラマ「おんな城主 直虎」

旅行

平成29年 大河ドラマ「おんな城主 直虎」
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

直虎所縁(ゆかり)の福満寺薬師堂

出典 http://tabinoyorokobi.whdtravel.com

女城主の数奇な運命と活躍

井伊 直虎は戦国時代から安土桃山時代の遠江井伊谷の女領主。

同国の国衆・井伊氏の事実上の当主を務めて、徳政令などを行い、「女地頭」と呼ばれた。井伊直親と婚約したといわれるが史実では無いらしい。生涯未婚であった。井伊直政はハトコであって、後に養母となった。


遠江井伊谷城主(国人)の井伊直盛の娘として誕生したが生年は不詳。母は新野親矩の妹(祐椿尼)。

幼名は不明。父の直盛に男子がいなかったため、直盛の従兄弟にあたる井伊直親を婿養子に迎える予定であった。だが天文13年(1544年)に今川氏与力の小野道高(政直)の讒言により、直親の父、直満がその弟の直義と共に今川義元への謀反の疑いを掛けられ自害。直親も井伊家の領地から脱出、信濃に逃亡した。井伊家では直親の命を守るため所在も生死も秘密にした。許嫁であった直虎は龍潭寺で出家、次郎法師(次郎と法師は井伊氏の2つの惣領名を繋ぎ合わせたもの)という出家名を名乗る。直親は弘治元年(1555年)に今川氏に復帰するも、信濃にいる間に奥山親朝の娘を正室に迎えて居た為に直虎は婚期を逸することになったとされている。

その後、井伊氏には不運が続き、永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いにおいて父直盛が戦死、その跡を継いだ直親は永禄5年(1562年)に小野道好(道高の子)の讒言によって今川氏真に殺された。直虎ら一族に累が及びかけたところを母の祐椿尼の兄で伯父にあたる新野親矩の擁護により救われた。永禄6年(1563年)、曽祖父の井伊直平が今川氏真の命により天野氏の犬居城攻めの最中に急死(これには異説もあるが)。永禄7年(1564年)に井伊氏は今川氏に従い、引間城を攻めて新野親矩や重臣であった中野直由らが討死し、井伊家を支えていた多くの者たちを失った。その為、龍潭寺の住職、南渓瑞聞により、幼年であった直親の子・虎松(後の井伊直政)は鳳来寺に移された。

以上のような経緯を経て、永禄8年(1565年)、次郎法師は還俗して、直虎と名を変え井伊氏の当主となった。『井伊家伝記』によると「次郎法師は女こそあれ井伊家惣領に生候間」とあり直親の死去により、この次郎法師しか後継者がいなかった。具体的には直盛の未亡人と龍潭寺の南溪和尚が相談の上、女性地頭を誕生させたのである。但しこの時代の「地頭」は鎌倉時代の地頭ではなく、領主の意味として使用されている。

永禄8年9月15日、龍潭寺への寄進状に自らが黒印を押して寺領を確認している。自分の家の菩提寺ではあるが、公的な印判状を出し、書き止め文言も「仍如件」となっていることから、女性地頭として領域支配に取り組んでいたことがわかる。

永禄9年(1566年)霜月吉日、直平の菩提を弔うために川名の福満寺に鐘を寄進する。

同年今川氏真は井伊谷一帯(井伊谷と都田川)に徳政令を出しているが、二年間発動されなかった。これは直虎が氏真の徳政令を拒否した為だが、永禄11年11月9日、徳政令を発令をしなければ成らなくなった。次郎直虎と署名した文書があり今川氏の関口氏経と連署して徳政を蜂前神社に伝えている。この背景には、直虎は債権主である銭主方と結託して徳政を施行しようとはせず、農民は今川氏を頼りに徳政の実施をせまっていた。つまり直虎と銭主方による徳政令拒否派と井伊氏の家老小野但馬守と結ぶ祝田禰宜ら徳政令要求派の対立があって、この状況は今川氏にとり井伊家に介入する絶好の機会になったと言えよう。

小野道好の専横は更に続き、永禄11年(1568年)には居城・井伊谷城を奪われてしまうが、道好の専横に反旗を翻した井伊谷三人衆(近藤康用・鈴木重時・菅沼忠久)に三河国の徳川家康が加担し、家康の力により実権を回復した。元亀元年(1570年)には家康への嘆願が功を奏し、道好の直親への讒言を厳しく咎め処刑する。だが元亀3年(1572年)秋、信濃から武田氏が侵攻し、居城・井伊谷城は武田家臣・山県昌景のものとなる。井平城の井伊直成も仏坂の戦いで討ち死にし、徳川氏の浜松城に逃れた。その後、武田氏と争った徳川・織田連合軍は三方ヶ原の戦いや野田城の戦いまで敗戦を重ねるも、武田勢は当主の武田信玄が病に倒れた為、元亀4年(1573年)4月に撤退し、直虎は三度井伊谷城を奪還した。

その間、直虎は許嫁の直親の遺児・虎松(直政)を養子として育て、天正3年(1575年)、 300石で徳川氏に出仕させたと言う。

天正10年(1582年)8月26日、死去。家督は直政が継いだ。墓は井伊家の菩提寺である龍潭寺、直親の墓の隣にある。

死亡年齢は生年不詳の為、明らかでないが、直親が信州に逃れた天文13年(1544年)の時点で、直親は10歳、直盛は19歳であり、直虎の年齢が10歳を超えていたとは考え難い。この年から逝去まで38年、従って死亡時、48歳以上とは思えない。若死にですね。合掌

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

カテゴリー

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。